トリキュラーの正しい服用法

トリキュラーの避妊効果や生理不順の改善などのために重要なのは、正しく服用することです。
トリキュラーは21錠タイプと28錠タイプがありますが、最初の21錠はどちらも同じものです。28錠タイプの後半の7錠分は偽薬と言い、低用量ピルに必要な女性ホルモンが配合されていないものになります。
服用は基本的に生理の1日目からスタートしてまず最初の1錠を飲みます。そしてそのまま21日間毎日トリキュラーを服用し、21錠タイプのものは7日間の薬を飲まない休薬期間を作ります。28錠タイプのものは偽薬を7日間服用し、再び29日目からは新しいシートを服用するというサイクルを繰り返します。本来、28錠タイプの偽薬は飲まなくても良いものなのですが、避妊効果を継続させるためには毎日決まった時間にトリキュラーを飲まなくてはなりません。そのため飲むことを忘れないように習慣づけるという意味合いで、偽薬が入っています。21錠タイプを服用している人は、29日目から2シート目を飲み始めることを忘れないようにする必要があります。
トリキュラーは毎日飲むことで効果があるものですが、何らかの理由で飲み忘れてしまった場合には気づいたタイミングが24時間以内なら気づいたタイミングで飲むようにします。そして翌日は通常通りに飲めば避妊効果も継続します。24時間経過したタイミングで前日分を飲み忘れたと気づいた場合には前日分と当日分を一緒に飲めば大丈夫です。しかし24時間以上経過してしまった場合には避妊効果がなくなってしまっている可能性があるため、そこで一度トリキュラーの服用をやめて再び生理の1日目から再スタートをしなければなりません。飲み忘れがないようにアラームをかけたり歯ブラシと一緒においておいて歯磨きをするタイミングで飲むなど、自分の継続しやすい方法を見つけてみましょう。