トリキュラーを避妊目的以外に使う場合

トリキュラーは日本で最も処方量の多い避妊薬として大変有名ですが、じつは避妊以外の目的でも処方されることがあります。トリキュラーは服用することによって、脳から卵巣に対して排卵を抑制する指令を送る働きがあります。この働きが避妊効果に繋がるというわけですが、これは同時に、排卵に伴う女性の身体へに負担を軽減する働きもあるのです。その理由は、トリキュラーの主な成分のひとつであるエストロゲンの存在です。エストロゲンを摂取することでホルモンバランスが整えられ、様々な効果をもたらしてくれるのです。まず、生理痛が改善します。急激に女性ホルモンが乱れることによって自律神経も乱れ、それが生理痛に繋がるのですが、トリキュラーを服用することで女性ホルモンの変動が軽減され、血液内のホルモンの量も安定して生理痛も軽減します。また、生理周期も改善されます。それまで不規則な生活や大きなストレスなどが原因で、生理不順が酷くなったり、何ヶ月も来なかった人も、トリキュラーを継続的に服用すれば、生理周期が28日と確実なものになります。そして、ニキビや肌荒れの治療にも効果があります。そもそもニキビや肌荒れの原因はホルモンバランスの乱れです。男性ホルモンが活発になることで過剰に皮脂が分泌され、その皮脂が毛穴を詰まらせることがニキビの主な原因ですが、トリキュラーを服用することで、エストロゲンがホルモンバランスを整えて皮脂詰まりを防いでくれるので、ニキビが改善され、肌の潤いも保たれてハリやツヤや弾力などが見られるようになるのです。このように、トリキュラーのホルモンバランスを整える働きは、避妊以外にも様々な効果をもたらしてくれるのです。