生理日をずらすことも可能な女性の避妊薬トリキュラー

避妊具としてコンドームを使うのが一般的ですが、男性にのみ避妊を委ねると言うのは女性として不安なことも多いものです。そのような場合は、女性側で計画的に避妊することができるピルを使用するのがおすすめです。

副作用が少ない低用量避妊ピルとして人気が高いトリキュラーは、主成分に卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含有されており、卵胞ホルモンの配合量は一定ですが、黄体ホルモンの配合量は段階的に変わるのが特徴です。これは前半に不要な黄体ホルモンの量を極力少なくして、自然のホルモン分泌パターンに近づけていくためです。これにより高い避妊効果はそのままに、生理不順を改善することができたり、生理日をずらすこともできるようになります。

低用量ピル・トリキュラーの避妊の仕組みは、トリキュラーの中に含まれる卵胞ホルモンと黄体ホルモンの女性ホルモンが脳下垂体に作用し、卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンの分泌を抑えます。すると、卵巣にある卵胞が成熟することができなくなり、排卵がおこりません。また、それに合わせて、受精卵を着床しにくい状態を作り出したり、精子が子宮に入りにくくさせるなど、トリプル効果で妊娠を防ぎます。

さらに避妊以外にもトリキュラーには生理痛が軽減されたり、ホルモンバランスが安定することにより、ニキビが改善したり、骨粗しょう症や関節リウマチを予防する効果などもあります。トリキュラーを服用するうえで大切なことは、飲み忘れないことです。1日1錠、指定された順番で、決まった時間に服用しなければなりません。トリキュラーで避妊に失敗するのは、飲み忘れによることがほとんどです。逆に飲み忘れさえなければ、ほぼ100%避妊が可能です。