トリキュラーと無印と長いについて

トリキュラーはタイプによって少し長い種類のパッケージもあるので、ピルケースの変わりになるものを使用してもいいでしょう。コンパクトなタイプもありますので一概には言えませんが、ケースの代用は便利です。サイズが合わないときには、シートの端を少しカットするといいです。トリキュラーなら、シートの用紙部分をはぎ取り、無印などの名刺入れに入れてもいいでしょう。

トリキュラーは21錠と28錠がありますが、それぞれの違いはシンプルです。実薬の含有成分や含有量は、どちらもすべて同じですが、休薬期間を明確にするのために、偽薬をプラスしているのが28錠のタイプです。休薬期間である7日間を守ることは必要ですが、それ以上の休薬をしてしまうと、避妊目的で飲む場合には避妊効果が薄れます。飲み忘れを防ぐためにも、28錠タイプは安心感があります。初心者でピルを飲み始める人も、28錠のほうがお勧めです。

ピルのお薬も正しく飲むことにより、その成分の効果が発揮されることになります。休薬期間を超過しそうなら、28錠を利用するのがいいです。ピルの服用する習慣が身について、自分でも自信がもてたら、21錠にしてもいいでしょう。いずれによ、飲んで出てくる効果は一緒なので、任意で選択をするといいです。ピルに慣れるまでは、選ぶのは偽薬付タイプでのスタートは、やはり良いと言えます。だいぶ慣れてきて、服用習慣も定着している女性でも、28錠を愛用している人は少なくないです。

トリキュラー28錠の休薬期間には、整理と同じように出血があります。そこを過ぎると成分が配合の薬になるので、また生理のない期間が来ることになります。トリキュラー28では、7錠の偽薬があるので、それを毎日消化することでカウントは正確にできます。